・モノブロック クロモリ カセットスプロケット

約2.4kgのクロームモリブデン鋼を鍛造し、最先端のCNC技術によって最軽量で160g台まで削り込んで作り上げた、完全一体型カセットスプロケットが登場!

 

 特徴は『圧倒的な剛性』『高い回転効率』『軽量』『高耐久性』『メンテナンス及び着脱の容易さ』『コストパフォーマンス』と、多岐に渡ります。

 

 今までの『各ギアが別体のカセット』は、『チェーンのかかっているギアの内刃部分だけ』でフリーボディにトルクを伝えており、『他のギアは回転するフリーにつられて回っているだけだった』ため、駆動効率損失が大きく、また回転体としての中心部がホイール中心からズレるなど、多くの問題を内包していました。しかし、edcoの『モノブロックスロケット』は、当たり面の太い押さえ部が『ブリッジ状にフリーボディ上下を掴む』ため、どのギアにチェーンがかかっていてもフリーボディ全体に効率よくトルクを伝え、また一体型であるため、回転中心がズレません。

 

またそのうえで、『シマノ11sシリーズ』各種は、『10s(8/9/10s対応フリー)フリーボディに装着が可能』なため、『シマノ7900/6700シリーズホイール』などの、『構造上11s仕様にできない名作ホイール』を11sのコンポーネントで運用する事ができます。(シマノ10s専用フリーボディ不可。ディープロックナット付属、フレームクリアランスは車種毎に要確認)

 

 edcoは、最高の性能と使いやすさを実現するため、多くの素材でテスト。各種アルミ合金(軽くて安価だが弱すぎる)やチタン合金(高性能だがコストパフォーマンスに難有り)など、多くの素材が『要求される耐久性や変速性能などのバランス』を引き出せずに不採用になる中、厳しい選定作業に最後まで残り、採用されたのは『クロームモリブデン鋼』でした。素材としての耐久性が高く、硬すぎず、しなやかなクロモリブロック約2.4キロの無垢を鍛造し、高精度な削り出しを経て完成した、継ぎ目が一つも無い『モノブロック クロモリカセット』は、要求された高性能な特性を実現。

★さらに日本向け仕様のみ、最終の仕上げ『トリートメント』が加わるスペシャルです。

Sh社のハイエンドグレードとの実測比較では、11-25Tで200円ほど高くなりますが、約6gエドコが軽量でしかも10sフリーに対応し、更に駆動効率アップ!

Sr社比では43%、C社比では70%近くコスト削減ができ、しかも長持ちで高剛性です。

OSEOUS.jp

Copyright © 2014 edco engineering / brain trading.co.,ltd. All rights reserved.